紙媒体での集客ならインターカラーにお任せ!

menu
search
Inter Color ローコスト広告代理店

» 色で変わる LPの印象

ネットを利用した企業のPRや通販サイトの数が増え、リスティング広告やLP集客などの方法で集客を図る企業が増えました。LPは、商品や企業のイメージを決めるキーポイントとなるので、細部までこだわって制作する必要があります。LP集客を成功させるためのヒントとして、色によるLPの印象の違いをご紹介したいと思います。


情熱や愛を連想させる赤は、女性的なイメージが強い色でもあります。そのため、化粧品や女性向けの健康食品を扱うLPでは、赤やピンクが使用されることが多いです。

また、赤は消防車やパトカーのランプにも用いられているように人の注意を引きつける色でもあるため、お得情報やイチオシ商品を紹介する部分に赤を使用すると、その部分を目立たせることができます。

同じ赤でも、赤ワインのように深みのある色は高級感がある印象を受けるので、上品なイメージにしたい場合は深みのある赤がおすすめです。

黄色
黄色は有彩色の中で最も明るい色であり、若さや楽しさを感じさせる色です。明るく元気な若い世代に向けた商品のLPや、テーマパークなどの楽しさをアピールしたいLPに適しています。黄色のみの場合、明るさや元気さの印象が強くなりますが、オレンジや赤を合わせると温かい印象になるので、冬用の服や暖房器具のLPにも使用できます。


森や草原の色である緑は、平和・健康・新鮮・やすらぎなどの印象を与える色です。自然素材を使った健康食品、リラクゼーショングッズなどのLPに使用すると、商品のイメージに合ったLPになります。ユーザーに落ち着いた印象を与えることができるので、中高年をターゲットにしたLPにもおすすめです。


青色は海や空の色なので、透き通った海や、雲一つない青空のような爽やかさという印象を与えることができます。また、清涼感や落ち着きのあるイメージから正確性や誠実さを印象づけることができます。

例えば、弁護士事務所や税理士事務所のLPに使用して誠実さをアピールしたり、スポーツ用品のLPに使用して爽やかなイメージにしたり、青は様々なジャンルのLPに使用できる色です。

このように、色によってLPの印象は大きく異なります。LP集客やリスティング広告に興味があるという方や、低予算で集客したいという方は、当社へお問い合わせください。お客様のご希望をお伺いし、最善の方法をご提案致します。