紙媒体での集客ならインターカラーにお任せ!

menu
search
Inter Color ローコスト広告代理店

» ブランディングがもたらす効果

ブランディングとは、企業が他社との差別化を図るために顧客にとって価値のあるブランドと認識してもらうための活動を指します。企業間の競争が激しい現代を生き残るためには、ブランディングが重要になってきます。ブランディングには以下の効果があります。

企業のイメージアップ
広告やネット集客によってブランディングに成功すると、企業の知名度が高まり、イメージアップに繋がります。顧客に認知してもらえると、「化粧品といえば、あのメーカー」「健康食品を買うならあの会社」という風に大規模なプロモーションをしなくとも利益を出すことができます。さらに、イメージが上がるとリピーターも増加するため、ライバル企業との差別化ができ長期的な売上の確保が期待できます。 顧客から良いイメージのある企業は、求人の面でも有利になります。就職活動をしている方は、経営状況と世間からのイメージを重視して応募する企業を選んでいます。ブランディングによってイメージアップした企業は、今後の成長が期待できると予想されるため、優秀な人材を確保しやすくなります。

顧客にとっての効果
ブランディングは、企業だけでなく顧客にも良い効果をもたらしてくれます。例えば、お店で化粧品を購入するとします。お店には様々なメーカーの化粧品が並んでいるため、あらゆる角度から判断して一つの商品を選ばなくてはなりません。

ここで、ブランディングの効果が発揮されます。消費者心理として、知らないメーカーの商品よりも知っているメーカーの商品を選ぶ傾向があるといわれています。そのため、化粧品を選んでいる顧客が一つのメーカーを認知していた場合、そのメーカーの商品を優先して選ぶ可能性が高いのです。よって、化粧品を選ぶ時間が短縮され、買い物をスムーズに済ませることができます。

このように、ブランディングは企業にとっても顧客にとっても良い効果をもたらしてくれます。 当社では、ブランディングに役立つネット集客のご相談や、新聞・雑誌・インターネットなどのあらゆる広告媒体を活用した広告戦略のご相談を承っております。低予算での集客・宣伝をご提案させていただきますので、広告に関することならお気軽にお問い合わせください。