紙媒体での集客ならインターカラーにお任せ!

menu
search
Inter Color ローコスト広告代理店

» 集客やブランディングに役立つ文字の力

ブランディングまで視野に入れた広告などを利用してネット集客を考える場合、コンテンツ内のデザインはとても重要になってきます。その中でも、キャッチコピーや内容の重要性を視覚的にアピールするためには、文字の書式設定が大きな役割を果たすこととなるのです。

大きさ
パソコンで文字入力をする時にできる書式設定には、様々なスタイルがあります。その中でも特に、文字の大きさ=フォントサイズは、要点を伝えるという重要な役割があります。例えば、商品・サービスの魅力を伝えるランディングページは、途中の重要な項目を飛ばし読みするユーザーも少なくありません。ネット集客ではそうしたユーザーが興味を持ってくれるような工夫が必要です。例えば、コンテンツごとの見出し部分のフォントサイズを大きくして、スクロールによる飛ばし読みでも十分に内容が伝わるようにするようにするといったやり方があります。


色は、視覚的な印象をコントロールする役割のある要素です。例えば、学生時代ノートを取る時に重要なキーワード・数字・公式を赤ペンで記入したり、蛍光ペンでラインを引いたりといった工夫をしていた方も多いのではないでしょうか。色によって受けるイメージの違いは、企業様のブランディング・商品・サービスに影響します。例えば通販健康食品の良さをアピールするコンテンツや商品のロゴでしたら、健康的なイメージを喚起させる白・黄色・オレンジや、ナチュラルな雰囲気の緑・明るいブラウンが好まれることからも書体カラーの重要性がうかがえます。

書体
文字の書体には楷書・行書・隷書のような種類があります。書体も、商品やサービスの視覚的なブランディングに役立てられるものです。パソコンを使用した文字入力でしたら、明朝体・ゴシック体・ポップ体などが良く使われている傾向があります。例えば、ライチは楊貴妃が愛したと言われ、基礎化粧品の原料にも良く使用される果物です。元々の原産地が中国ということもあり、キャッチコピーやロゴマークには中国の歴史書や美術品で見かけることも多い隷書体が使用されることも珍しくありません。特にネット集客ではランディングページのファーストビューでどのようにアピールするかが重要になりますので、商品・サービスのイメージやサイトの雰囲気に合わせた書体選びは決して見逃せないものになります。

広告は商品・サービスのイメージを決定づけ、長く愛されるための戦略でもあるブランディングに欠かせないものです。Web上のブランディングとも言えるネット集客広告の代行ご依頼など、当社までお気軽にお寄せください。